どんど焼き

 私の住んでいる地区でどんど焼きが行われました。

竹を柱に松飾やだるまなどにぎやかな飾りに、こどもたちも興味津々。火がついて燃え始めるとパチパチとゆう音と竹やだるまがはぜてポンッと音がしてきます。私はその音に驚きながらも、一年に一回聴けるこの音に心わくわくしていました。

村長さんの書いた書やこども達の書初めやらがどんど焼きの煙にのって天高く上っていくのもまた見ものでした。

 このどんど焼きの火にあたり、おきでお餅を焼いて食べると風邪をひかないとかゆう言い伝えがあります。今年も健康にすごせますようにと願いながら、餅や豚汁をいただきました。

 村にいて地域の人たちとの行事もこうしていろんな伝統を守っていくのも、みんな協力してないと出来ないことで、それを今まで続けてきているっていうのはすごいことだなぁと実感しました。