小梅の選果が始まりました。

5Lまでのサイズを機械を使ってわけます。コロコロしながら大きさによって落ちるので、

「この機械うまいこと考えたなぁ~」って言いながら見入ってる人もいました。